お墓 墓石 霊園

お墓を建てるのにかかる費用って?

お墓の費用は、どこに建てるか、どんな材質の墓石を使うかによっても大きく違ってきます。
新しくお墓を建てる時の費用として一般的なのは、お墓になる土地を使用するための「永代使用料」、墓石にかかる「石材費」や外枠や基礎工事などのお墓を建てる工事全般にかかる「墓石工事費」、墓地の共有部分(個人の区画は管理してもらえない)の清掃や管理をしてもらうための「管理費」などです。
永代使用料は分割できないこともありますし、管理費は永代使用権を得た時点から発生してしまうので注意が必要でしょう。
管理費の支払い方法もその霊園によって異なりますから、契約の前に確認しておいた方がいいです。
永代使用料を墓地の所有者に支払うと、基本的には無期限でその区画を使用することができます。
一度支払うと、改葬しても永代使用料は返却されませんし、土地を所得したわけではないので、転売や転貸もできません。
決められた管理費を納めなかったり、お墓の継承者がいなくなると、永代使用権はなくなってしまうでしょう。
石材費は墓石の種類や大きさによって、工事費や石の加工費は墓のデザインや面積によって変化します。
広告などに掲載されているお墓の費用は、永代使用料だけの場合が多いので気をつけてください。
お墓を建てる際には、契約の前にしっかりと見積もりをとり、細部まで詳しく確認して契約をしないと、思わぬトラブルに遭ってしまうかもしれません。